秋の乾燥対策:ココロもお肌も乾燥は大敵。~秋の潤う過ごし方。ー奈良・京都の五行象占い

お疲れのあなたへ届けたい癒し話

9月から10月にかけて平均気温がぐっとさがるのと同時に、平均湿度もさがります。

洗濯物は、気持ちよくパリッと乾く季節ではあるのですが、お肌が乾いてしまうことは何としても避けなくてはなりません。肌がきれいだとそれだけで気分も上向きますよね。なので、夏の紫外線のダメージも残っているこの時期は、(もちろん秋もUVケアは必須です。)秋の夜長を利用しての、ゆったりのんびりお肌のパックをおすすめします。 

またドライアイが気になる方は、目薬などを上手に使って潤してあげることも◎です。

手足が冷えたな、と感じたら洗面器にすこーしだけ熱めのお湯をはって、(もしあればアロマオイルなどを数滴入れて)手湯や足湯をされるのもおすすめです。お気に入りの香りのハンドクリームを新調したりするのもいいかもしれません。水を使った後の保湿は大切ですよね。

物事には中庸、何事もほどほどが良い、という言葉がありますが、五行の作用を考えることで、自分自身の体調や感情をコントロールするのに役立ちます。

空気がイメージしやすいかと思いますが、冷たい空気は下に沈み、暖かい空気は上に上ります。

冷えは万病の大敵、とも言うのでこれからの季節は特に芯から冷えないように、体を温めてあげることが大切です。(もちろん夏に暑くなりすぎると、これもまた興奮しすぎたり、冷えのぼせになるので

適度に冷やすことが必要な時期もあります。)

夏から転じて、秋は沈み込む季節です。

ココロも沈みがちになってしまうことが多いので、そんな時には水の作用、涙を流してあげることもおすすめです。感受性も豊かになる時期なので、本でも、映画でも、音楽でも、コメディでも恋愛ものでも、ヒューマンドラマでも、お笑いコントでも、LIVEでも、、、何かケラケラ涙が出るくらい笑えたり、うるっと感動出来るようなお気に入りのエンタメ作品を見つけられてはいかがでしょうか?ココロが潤うと自然に元気も出ますもんね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました