陰陽五行で暮らしを楽しく~奈良・京都の五行象占い ことならら

五行の話

陰陽五行説とはざっくりいうと

世の中のものはすべて陰と陽・大元は大体5つの要素から成り立ち、巡っているという古来中国より発祥の思想です。

陰陽五行、というと難しく感じますが、

実はこれ、からだの仕組みや料理など身近なところにちりばめられている考え方なんです。

例えばお酒をのみすぎて肝臓が悪くなると、胃がもたれてしまったりしますよね。

これも肝(木)→胃(土)の五行の関係なんです。木は土を剋します。

逆に言うと、胃に負担がかからないようにお酒を飲めば、肝臓への負担も軽減できます。

これと同じようなことが、からだの臓器でも、またココロのありようでも起こります。

陰陽五行について、知ることで日々の暮らしを上手く循環させやすくなると思うので、ぜひ学んでみてください☆

五行で出てくる「相生」「相剋」って?

「相生」とは一方が一方を生む・助ける作用です。

「木」は「火」を生む・助ける。

「火」は「土」を生む・助ける。

「土」は「金」を生む・助ける。

「金」は「水」を生む・助ける。

「水」は「木」を生む・助ける。

※五行の木火土金水はそれぞれの象徴ではありませんが

この話を考えるときにはイメージしてもらうと分かりやすいです。

木に火がつく

火で燃えたものは土にかえる

土中には鉱物(金属)がある

など。

「相剋」は一方が一方に力をかける関係です。

「木」は「土」を剋する

「火」は「金」を剋する

「土」は「水」を剋する

「金」は「木」を剋する

「水」は「火」を剋する

木は土に根付く

火は金属を溶かす

土は水をせき止める

水は火を消す

など。

剋するというと、いささかマイナスのイメージがつきがちですが、

これは循環するという自然の摂理に組み込まれているものです。

たとえば木 火 土の関係をイメージしてみると

木に火が付いて燃える(相生)

燃えた物は土にかえる。(相生)

→木が土に根ざす(相剋)

一連の流れがつながり循環していくのです。

私たちの心と体の特徴は五行のバランスによって現れます。

大切なのは人それぞれ持っている五行のバランスに良い悪いはない、ということです。

持っている五行のバランスで社会の中で生活しやすい(なじみやすい)、しにくい、というのは

あります。逆に社会の中で上手く立ち回れずとも、専門分野を深く掘り進めることが得意なタイプもあります。

五行のバランスが均等なタイプ、偏りがあるタイプ

どちらも良い悪いはありません。逆にいうとどちらにも良い悪いがあるのです。

ないものねだりで、もっと器用に生きれたらよかったのに、一芸に秀でたかった・・・

そう嘆くのではなく、自分の持って生まれた才・運気と向き合って認めてあげてください☆

きっと見つかるものがあるはずです☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました